“あれは本当に偶発的な出来事だったのか?”

 11月15日、ポーランドのウクライナ国境近くの村にロシア製ミサイルが着弾する出来事がありました。

 「ロシアからの攻撃ではない」
 直ちにバイデン大統領は世界に向けて発信します。
 ウクライナのゼレンスキー大統領は、これをロシアによるミサイル攻撃だと断じ、NATO(北大西洋条約機構)が行動する時だと訴えました。が、逆にアメリカから、証拠はない、と一蹴されます(上空をモニタリング中の米軍偵察機が、ミサイルの航跡を捉えていたようです)。
 かくしてアメリカは、NATO自らがこの戦争に巻き込まれかねない危機を回避したのでした。

 その日、ロシア軍はウクライナ全土にミサイルの雨を降らせていました。
 事件後、仰撃に失敗したウクライナのロシア製地対空ミサイルが誤ってポーランド領内に落下した可能性が高い、という見解が広まりました。
 NATOは、事故を引き起した原因はそもそもロシアにあるとして、ことさらにロシアを非難することで、あえてウクライナの立場を擁護する姿勢を示しました。

 けれども、果たして単なる偶発的な出来事だったのか?という疑念も残ります。
 地対空ミサイルS300は、ロシア軍のミサイルが飛んでくる方角とは逆の西の空へ向って発射されました。
 仰撃できたとしても、破片の落下の可能性など、現場の兵士にはわかっていたのではないか?ウクライナ側に、NATOを巻き込みたい、という誘惑があったとしても不思議ではありません(あってはならないことですが)。

 他方、本件について、ロシア側は冷静そのものでした。ロシアにも何らかの確証があり、アメリカとのあいだで阿吽の呼吸がはたらいたのでしょう。アメリカとロシアのみぞ知る、ということなのか。クレムリンの報道官はアメリカの対応をスマートだと讃える余裕も見せました。
 おそらく、この戦争が慎重に管理されている、ということ以上に、事件の真相が公(おおやけ)になることはないでしょう。

 そしてロシアは、非情にも「暗くて凍える冬」をウクライナ全土にもたらそうとしています。
 戦争とは、そもそも非道な行為です。
 「欲しがりません、勝つまでは・・・」
 かつて私たち日本人は、それを身をもって体験しました。

 30年前のウクライナの独立が、ソ連の崩壊によって実現したことは言うまでもありません。
 だが、そこには単に一国の悲願の独立という以上に重大な意味が込められていました。他ならぬロシアからの独立だったという点に、この不幸な戦争へとつながる歴史的な因果をすでに内包していたからです。

 私が知る独立派のナショナリストにとり、独立とは、すなわち「帝国ロシアからの離脱」でした。したがって、国づくりの課題のほとんどは、ソ連の継承国ロシアとの関係をどう清算するか、というほぼ一点に集中していたことを想起します。
 あれから30年後のいま、私はナショナリストの独立信仰に危うさを禁じ得ません。

少し早いですが、メリークリスマス!
穏やかな年の瀬となりますように。

 2022年12月1日

現下の戦争の早期終結を願いつつ  西谷公明


平穏な日々はどこへ
(聖ソフィア寺院を望む坂道にて、2017年5月撮影)

“動員令下モスクワ視察の記”

前略 10月下旬に訪ロ。
3年ぶり訪れたモスクワは変わっていませんでした。

 巨大なメトロポリスは、郊外へいっそう大きく拡がっていました。
 新しいハイウェイが完成し、地下鉄が開通し、都心や郊外に真新しい高層アパート群がそびえ、傍にはロシア規格の大型ショッピングモールができています。
 公園の池のほとりには、遊歩道が整備されてもいました。
 社会のIT化と生活のキャッシュレス化は、東京よりもずっと進んでいます。

 マクドナルドやスターバックス、バーガーキングは、それぞれフクースナ・イ・トーチカ(おいしい、ただそれだけのこと)、スターコーヒー、バーガーヒーローと名称を変えましたが、店内はどこも賑わっています。

 街中の食料品店をのぞいてみました。春先のパニックはすっかり収まっているようでした。インフレ率に合わせて年金や給料も上がりました。今では物価も安定し、不動産価格も安定しています。人口1億4000万の約一割を占める富裕層にとって西側のブランド品は消えても、大多数の国民は困りません。
 そのうえ、彼らは我慢することに慣れています。

 この半年以上にわたり、西側は強力な制裁を科してきました。中銀の外貨準備を凍結し、大手銀行をSWIFT(国際銀行間通信協会)から排除しました。原油の輸入を停止し、ガスの輸入を削減し、戦略物資の輸出を制限してロシア経済を締め上げました。

 他方、10月20日、ロシア財務省は予算の赤字を補填するために、国民福祉基金から160億ドル(約2兆4000億円)を取り崩しています。制裁の影響と戦費の増大が理由です。けれどそれでも、2022年の財政赤字はGDPのわずか2%に過ぎません。

 そして、ロシア国内では、制裁対象の銀行が国内経済を普段どおりにまわしているのです。
 エネルギーと食糧を自給できる経済は強い、と言わざるを得ません。
 ロシア経済の懐の深さと、制裁に対する耐性を見た思いです。

 他方、ロシアは冬を味方にする国です。ナポレオンの遠征時もナチスの攻略時も、ロシアが最後に持ち堪えることができたのは、厳しい冬のおかげでした。

 ロシアは凍てつく冬の戦い方を熟知しています。すでにウクライナの電力インフラの30%を破壊する一方、ヨーロッパに対しては、トルコ経由でガスを供給する構えを見せて、EU(欧州連合)の堅い結束を揺さぶらんとしています。

 ロシアから見ると、いまは「戦術核」で西側を脅し、「汚い爆弾」のクセ球で攪乱させて時間稼ぎをしつつ、冬の到来を待っているように思われます。

 モスクワからの第一報を時事通信のロシア情勢論評、ニュースソクラへ寄稿しました。
 結城隆さんとのコラボ、中国ウォッチは「三期目を迎える習政権」です。

 エコノミストは社会という大きな器に育てていただくものだと思っています。
 ひきつづきご指導、ご鞭撻を賜りますよう、どうぞ宜しくお願いいたします。
 時節柄、ご自愛くださいますように。

心をこめて

 2022年11月1日


モスクワ郊外、パクロフスキー丘の秋

プロフィール

西谷 公明(にしたに ともあき)

1953年生まれ

エコノミスト
(合社)N&Rアソシエイツ 代表

<略歴>

1980年 早稲田大学政治経済学部卒業

1984年 同大学院経済学研究科博士前期課程修了(国際経済論専攻)

1987年 (株)長銀総合研究所入社

1996年 在ウクライナ日本大使館専門調査員

1999年 帰任、退社。トヨタ自動車(株)入社

2004年 ロシアトヨタ社長、兼モスクワ駐在員室長

2009年 帰任後、BRロシア室長、海外渉外部主査などを経て

2012年 (株)国際経済研究所取締役・理事、シニア・フェロー

2018年 (合社)N&Rアソシエイツ設立、代表就任

What's New

最新ニュース

  • コラボ

    中国ウォッチ(3)

    冬を迎えた欧州とエネルギー問題 2022年12月1日

    記事を見る

  • 寄 稿

    モスクワの今

    週刊エコノミスト 2022年11月22日

    記事を見る

  • 寄 稿

    連載:ロシア・ウクライナ戦争(18)

    『ニュースソクラ』 2022年11月21日

    記事を見る

  • 寄 稿

    連載:ロシア・ウクライナ戦争(17)

    『ニュースソクラ』 2022年11月4日

    記事を見る

  • コラボ

    中国ウォッチ(2)

    三期目を迎える習政権 2022年11月1日

    記事を見る

  • 寄 稿

    ロシア情勢論評

    時事通信社Janet 2022年10月26日

    記事を見る

  • 寄 稿

    連載:ロシア・ウクライナ戦争(16)

    『ニュースソクラ』 2022年10月31日

    記事を見る

  • 寄 稿

    連載:ロシア・ウクライナ戦争(15)

    『ニュースソクラ』 2022年10月28日

    記事を見る

  • 寄 稿

    連載:ロシア・ウクライナ戦争(14)

    『ニュースソクラ』 2022年10月23日

    記事を見る

  • 寄 稿

    連載:ロシア・ウクライナ戦争(13)

    『ニュースソクラ』 2022年10月10日

    記事を見る

著 書

  • 最新著書

    ロシアトヨタ戦記

    中央公論新社、2021年12月刊行

    詳細を見る

    目次

    プロローグ
    第一章 ロシア進出
    第二章 未成熟社会
    第三章 一燈を提げて行く
    間奏曲 シベリア鉄道紀行譚
    第四章 リーマンショック、その後
    エピローグ
    あとがき

  • 著 書

    ユーラシア・ダイナミズム-大陸の胎動を読み解く地政学

    ミネルヴァ書房、2019年10月

    詳細を見る

    目次

    関係地図
    はしがき-動態的ユーラシア試論
    序 説 モンゴル草原から見たユーラシア
    第一章 変貌するユーラシア
    第二章 シルクロード経済ベルトと中央アジア
    第三章 上海協力機構と西域
    第四章 ロシア、ユーラシア国家の命運
    第五章 胎動する大陸と海の日本
    主要参考文献
    あとがき
    索 引

  • 著 書

    通貨誕生-ウクライナ独立を賭けた闘い

    都市出版、1994年3月

    詳細を見る

    目次

    はじめに
    序 章 ウクライナとの出会い
    第一章 ゼロからの国づくり
    第二章 金融のない世界
    第三章 インフレ下の風景
    第四章 地方周遊~東へ西へ
    第五章 ウクライナの悩み
    第六章 通貨確立への道
    第七章 石油は穀物より強し
    終 章 ドンバスの変心とガリツィアの不安
    後 記
    ウクライナ関係年表

研究調査

ロシア、ウクライナ研究をオリジナル・グラウンドとし、 ユーラシア全体をキャンバスとする広域的なテーマを中心にして実践的な研究調査をおこなっています。

講 演

私は講演を一期一会のライブの語りと考えています。
ここ最近は、"陸と海との地政学"を基本コンセプトとして、ロシア情勢、ウクライナ情勢を中心に、両国の現場での経験談を織り交ぜながら、積極的に講演活動をおこなっています。

CONTACT ME

西谷 公明

合同会社 N&R アソシエイツ 代表

講演のご依頼等、
各種お問い合わせはこちらまで

Email:nr-associates@mbr.nifty.com

つぶやき